0 4か月

今現在自宅の外構がオープン外構だという場合もクローズド外構だという場合も、その外構をもう一方のものに変えるだけで住宅の外観は一変します。住宅自体のリフォームとなると大変ですが、外構のリフォームとなると住宅のリフォーム程大変ではありません。そういった事から、住宅の外観を変えたいと思ったら外観をオープン外構からクローズ外構へ、もしくはクローズ外構からオープン外構へとリフォームする事をおすすめします。

オープン、クローズそれぞれの外構にはそれぞれの良い点があります。例えば、オープン外構であれば車を駐車しやすいという点が挙げられます。オープンタイプで壁や門などがないものであれば車の運転の初心者でも容易に自宅の駐車スペースに車を停める事が出来ます。壁や門に車をぶつけたり、駐車の為に長い時間を必要とするような事はありません。その為、車の運転の初心者でも気軽に車で出かける事が出来ます。

また、オープン外構の場合は必ずしもという事ではありませんが、門や壁がないという事でバリアフリー化しやすいというのも利点です。将来車を手放す事になった場合などに簡単に出入りしやすい外構にリフォームする事が出来ます。車の有無問わず役立つ外構と言えます。

一方クローズ外構の方はセキュリティの面で非常に安心出来ます。門や壁でしっかり囲われていますので、他人が簡単に入ってくる事が出来ません。容易に敷地内に入り込めませんので、泥棒が下見の為に訪れたとしてもしっかりとガードする事が出来ます。ご近所さんなどの視線も遮る事が出来ますので、あまり家の中を見られたくないと思っている場合に最適です。

どちらの外構も一長一短ですが、見た目や機能に不満があるようでしたらもう一つの外構に変える事でその不満が解消される事も多いです。専門業者に依頼する事で短期間でオープン、クローズ化してもらう事が出来ますので、何らかの不満があるようでしたら一度専門業者へ依頼してみてはどうでしょうか?