新築をつくる時に、失敗したと後から思うことになります。その時、後から作ればいいと思うこともあるのですが後からつくる時にとても面倒と思ってしまいます。その結果、とうとう作らずに終わってしまうことも少なくありません。そんな時、塀についても真剣に考えるようにしましょう。家の中のことに夢中になり、外のことについては後になることもありますが、さいごまで気を抜かずに考えて欲しいです。ここでは、千葉で目隠しフェンス工事をせず、門戸や塀を作らずに失敗した内容についてお話します。

・門戸は必要
家本体があるので、そのまま開放感を感じたいと思う事もありますね。そんな家も多くなっています。その多くは、やっぱり予算の関係で削ってしまうのです。しかし門戸に関しては、その家の顔と言っても過言ではないほど重要な箇所です。門戸を付けることにより、家にそのまま入ることができないので防犯上でも役にたちます。防犯のことを思うと、門戸をしっかりと付けることをおすすめします。

・塀がない
塀も作らずにそのままダイレクトに家にしていることもあります。家の玄関にそのまま入ることになり、その場合も防犯上で少し心配です。塀があることにより、外部から守ることができます。塀があると、その中にいろいろな物を収納することもできます。外からは見えないので、そのことも嬉しいですね。塀がないと、収納するとそのまま見えてしまいます。家の外がガチャガチャした印象になるので、片付ける意味でも必要です。

・車から守れない
道路に面している場合は、そのことからひとつのリスクがあります。それはなんと言っても、道路を走っている車がリスクとなるのです。車は、安全運転であると安心ですが、そうでないこともあります。交通事故で、家の中に車が突っ込んで来ることだってあるのです。
そんな時、門戸や塀があることにより家を守ることができます。壊れたとしても、命を守ることが出来るのでとても助かります。その意味でも、塀や門戸をつけましょう。