ガーデンルームは、性質上、エアコンを設けたり、換気扇や水蒸気を発生させるミスと装置を設置することが可能です。その為、ガーデンルームは温度管理が難しい植物や湿度管理が難しい植物を育てることができます。例えば、パイナップルという果物の植物は熱帯エリアでないと成長することができず、日本のように冬が寒いというエリアでは成長させることが難しいです。ですが、ガーデンルームにエアコンや石油を使用するストーブなどを設置すればルーム内の温度を高めることができるため熱帯エリアに生息する植物を育てることができます。

この逆を行うことも可能で寒いエリアにしか生息しない植物を育てることもガーデンルームであれば温度管理をしっかり行うことで可能とします。ガーデンルームはビニールハウスと同じような性質を持っていますが、ビニールハウスよりも温度管理をしやすいという利点があります。何故なら、ビニールハウスは構造がビニールのテープで骨格を覆うことでハウスとします。その為光の通過率が高くハウス内の温度が急速に高くなり、冬場に植物を育て上げることを可能としますが、夏場は室内の温度が高くなりすぎ、喚起を必要とします。ですが、ガーデンルームは、骨格は住居用の骨格を採用しており、壁も断熱材や熱を吸収する素材を用いるなど、室内の温度を一定にする能力がビニールハウスよりも高いため、冷暖房を使用すれば一定の温度下に管理しやすいのです。

ですので、難しいとされていた植物の飼育をするのに適しているため、現在、ガーデンルームは庭にビニールハウスを作るよりも効率的に植物を育て、成長させることができるという理由で人気があるのです。ただ、人気はありますが、コストについては残念ながらビニールハウスよりも高くつくうえ、ガーデンルームを作る際、骨格に用いる素材によっては水が侵食して骨格をだめにすることもあるので、ガーデンルームを作る際、きちんと骨格に用いる素材がガーデニングにふさわしいかを確認するようにしましょう。