0 4か月

おしゃれな庭づくりをしたいという方は、注意すべきポイントは、植物の成長です。植物は種類ごとに成長速度が異なり、例えば観葉植物、花をつけはしないが葉っぱが生い茂る植物と花がメインになる植物とでは成長速度が異なります。その為、花をつける植物と花はつけないが葉っぱがメインとなる植物を一緒にお庭に植えるのであれば相性が悪い場合があるわけです。では、相性が悪かった場合、どうなるかを説明しますと、私の経験上、植物を庭に並べた際ちぐはぐな成長になってしまい、一方はものすごく成長しているのにも拘らず、一方は成長が遅いという問題が生じます。

もちろん、植木鉢で別々に分けて植物を育てても両者ともに別々の成長速度になるため、特に花をつけるタイプは注意しないといけないです。花をつけるタイプの植物の中には花をつけたら必ず最後、枯れてしまう物や球根に戻ってしまうものがあるのです。特にチューリップというお花が有名なお花で最初は花が咲いたらものすごくきれいなんですが、花が落ちたら茎だけしか残らず、最後は球根だけが残ります。ここのパランスが重要でチューリップばかりを植えた場合、最後花が落ちてしまえば全部のチューリップの花はいずれ落ちます。

花が落ちればその間その植木鉢がある場所はぽっかり穴が開いてしまうのでチューリップばかりを植えるというのはかなり庭を維持する場合難しいわけです。ですのでお勧めとしては、花をつけるがはながめいんではないしょくぶつがおすすめで、サボテンなどがまさに寿命が長く植物をお庭に植えてから長期に渡りお庭に存在をしてくれます。サボテンも花が咲きますので花をつける植物を飼いたいという方にお勧めです。まとめますと、おしゃれな庭造りは、植物の成長速度がカギで花をつけるタイプの植物で最後に球根に戻る植物は注意が必要でその理由は、植えたエリアがぽっかりと穴が開いてしまうため、おしゃれに庭に植物を植えたと思っていても再度植えた場所に何かを植えなければならないなどバランス取りが難しいということです。