0 4か月

ガーデニングしやすい庭造りについてですが、ガーデンチェアの導入がしやすい庭造りが私の経験上おすすめの庭造りです。まず、ガーデンチェアですが移動式の座椅子のようなもので車輪がついている椅子です。この製品の利点は座りながらにしてかがみながら庭を手入れするという作業を簡単に行うことができるという品物ですが、反面弱点がありまして段差があるとうまく段差を乗り越えることができないという問題があるのです。特にガーデンチェアの車輪が重要で車輪が樹脂製の場合、多くは段差を上る際、空回りしますので日本庭園風のエクステリアを取り入れた庭の場合、岩などが段差となり乗り越えられなくなります。

ですのでガーデンチェアの導入が容易である庭造りが私の経験上おすすめで庭に道路を作り上げる場合、段差があってはいけないです。一応、ガーデンチェアの中にはタイヤがゴム製ののものがありますがすべてがそうではないのでできるだけ段差を消す方が良いです。この段差は肥料運搬に使用する猫車にも言えることですので段差があると年齢を重ねていくと猫車では運搬がだんだんと行えなくなることも考えると段差はできるだけ排除した方が良いです。ちなみにですが、猫車も1一輪車タイプのものもあれば2輪車や3輪車型の猫車もありますので車輪が増えたとしても段差は大敵で段差をいかになくしてタイヤが段差にはまり込まないようにするかが重要です。

猫車の場合は車輪が大きいのでこうした車輪が段差にはまることはあまりありませんが、ガーデンチェアの場合、段差にはまってしまい身動きができなくなることがありますので段差を消すというのは歩きやすさ以外にも長時間座って作業をする場合には邪魔な存在となるのです。ただ、段差をすべてなくした場合、ある問題もありまして砂利などを敷いている場合段差があることで雨が大量に降った場合、段差に砂利が溜まることで砂利がよそに流れ出すことがないので必要なところには段差を少しだけ設けるという考え方も砂利を掃除する際便利な機構になります。