0 1分 4か月

ガーデニングを自宅の庭で行う場合、庭作りがポイントとなります。ガーデニングがしやすいような庭作りですが、まずは雑草の対策です。土の面積が多ければ多いほど雑草が生えやすくなります。ガーデニングよりも、雑草を抜いたりするのに手間がかかりとても大変です。ガーデニングがしやすいように、土の面積を減らす方法として敷石があります。敷石で玄関アプローチを作ったりして、土の部分を減らしていくと、雑草の生える部分が少なくなりガーデニングもしやすくなります。次になるべく手間がかからず手入れが楽な庭木を植えて育てる事がポイントとなります。落ち葉が少ないと言われる常緑低木などを植えると、手入れも少なく済みます。そして、多年草や宿根草といった植物を植えておくと、雑草除けに役立ってくれます。

手入れも少なく済み、外観も綺麗なガーデニングができます。雑草だらけになってしまうと、ガーデニングどころではなくなってしまいます。草抜きなどの手入れに時間ばかりかかり、ガーデニングが楽しめなくなってしまいます。ガーデニングをしやすい庭作りの一つとして、敷石や雑草除けとなる植物を植えたりするのはとても効果的と言えます。続いてガーデニングと言うと、レンガブロックや木の柵で囲った花壇のイメージがあります。DIYでレンガや木の柵などを設置して、囲う事でガーデニングスペースを作る事が出来ます。

ガーデニングスペースの近くに、水やりがしやすいように水栓やホース、ジョウロなどを設置したり、準備しておくとガーデニングがしやすくなります。最後にガーデニングにとって大切な土ですが、植物がより育ちやすいように培養土を入れて、庭の土を良質な物にする事が重要です。植物に栄養が行き渡り、育ちやすい土壌を作るのはガーデニングしやすい庭作りの第一歩となります。以上、ガーデニングしやすい庭作りには、敷石などの雑草除けや植物が育ちやすい土壌作りが大切です。